読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

労働讃歌は社畜の讃歌

元:インドなきインド人

2016年3月7日(自炊Pt2)

(Pt1は別で上げます。)

インドも2週目になると、自分のライフスタイルを確立しはじめたくなりました。

日本にいるときの日曜夜は基本自炊していたので早速トライ。

 

で、

 

インドで調達できるものを思い浮かべたときに、

これなら出来ると思ったのが親子丼

玉ねぎ・鶏肉・卵があれば出来るので超簡単。だし(顆粒)と醤油は高価だが同居人が貸してくれるとのことなので難なくクリア。

f:id:saniretasu:20160306201448j:plain

まずは、名脇役の玉ねぎ。

2つで20円ぐらい。こっちの玉ねぎは全部この色で、日本で普段口にすることができるあの薄茶色?のやつないんですよね。そもそもこっちって、量り売りで日本のスーパーのようなパックのやつがないんですよ。

f:id:saniretasu:20160306202752j:plain

次に親子丼の親である鶏肉。こちらも量り売り。

レッグ(もも)を300くれ!といったらこれがきた。

骨なしは胸肉しかないので仕方なく我慢。写真のように骨から肉を削ぎ落とす作業が必要。

 

出来上がりがこちら。

インドの味に飽きてしまっている今、こんな何の変哲もない味が、

末げんで出る”かま定食”・玉ひでの”親子丼”を今なら越えていると言っても過言ではない!。(要約:美味い)

f:id:saniretasu:20160306225727j:plain

インスタント味噌汁も開け、同居人達と3人で食いました。

(パックの米が結構あったので提供)

  

ちなみに、同居人は弊社の先輩である。

これで借りが一つできたぜ。hehehe

 

オススメ親子丼店(東京都内)

末げん

末げん (すえげん) - 新橋/鳥料理 [食べログ]

玉ひで

玉ひで (たまひで) - 人形町/鳥料理 [食べログ]

 

予告:来週はできたらアクアパッツァを作るぞ!!!