労働讃歌は社畜の讃歌

元:インドなきインド人

2017年4月3日(社畜入門)

1年前の今頃は、今か今かと帰国を待ち望んでいたのか。

懐かしい、、、そして、もう入社して5年目になったのか。

時が経つのは早い!

 

今日から初出勤という新米社畜も多いのではないか?

 

ぶっちゃけ、会社勤めは大変である。

そりゃ、20年近く仕事とは無縁の世界であったのだから当然だ。

死にたくなることや、糞な上司に殺意を覚えるときなんてザラだ。

しかし、それを乗り越えないといけないときが多々あるのも事実。

 

個人的には、その”度合い”ってのは人それぞれの感じかたなので、まわりがどうのこうの言うのに流されるのではなく、”自分がどうしたいか”ということさえ常に考えていて欲しい。

 

辞めてええ!こんなの無理だ!と思えばもう一回就活をすればいい。

だが、入ったからにはやめられない理由もあるだろう。例えば、夢をかなえるために入った会社だったり、そういった理想は大切である。

 

こんかいは、そんな”どうしても耐え忍ばなくてはいけない”ときに読むといい本を紹介する。

 

野村證券第2事業法人

野村證券第2事業法人部

野村證券第2事業法人部

 

序盤だけ読めばいいと思う。

金を稼ぎたい、成り上がりたい人にうってつけの1冊。

 

 

プラネテス(全4巻)

プラネテス(1) (モーニングコミックス)

プラネテス(1) (モーニングコミックス)

 

 主人公がクソ努力して夢をつかむ話。

才能もないし、金もない。ただ夢を追いかけ、実現するために邁進する話。

就活のとき、辛い時は何度も読んだなぁ。

 

③アメリカ海兵隊

アメリカ海兵隊―非営利型組織の自己革新 (中公新書)

アメリカ海兵隊―非営利型組織の自己革新 (中公新書)

 

 戦略系の本では有名な野中郁次郎氏の本。

個々としてどうすればよいか。どうすれば強くなれるかが書いてある。

挫けそうになったとき・・・というよりも「さて、どうやって上司を見返してやろうか?」と思い立ったときに読むぐらいがちょうどいいかな?

 

 

適当に3冊紹介してみた。

また何かあればこういう日記をかいてみたい。

2016年12月14日(具体化の難しさと情報の捉え方)

おっす、おら社畜

「来年中国な!」って言われてから結構たつけど未だに具体的な日にちとか言い渡されてないよ!それよりも、「プロジェクト始まったちょっとの期間」とかいうクソ具体性も計画性もない話なんてナシだぜ!

 

そもそも12月いっぱいやることがぼんやりしているし、PM(プロジェクトマネージャー)の指示もなんだか具体性がない。

 

そもそも、この具体性ってなんだろうか???

よく、「具体的には~◯◯で~」みたいな話や人の文章で目にするけどイマイチ具体性にかける。かく言う私も3年目のときに、上司からオマエの文章は具体性がないって散々いわれた。

 

さて、この具体性についての定義だけど。

大辞林(第三版)にはいかのように書かれている。

形や内容などがはっきりしていること。具体的であること。 

あまり考えすぎるとトートロジー(循環論)の陥る のでやめよう。

ワタシ的に具体性とは情報量の多さだと思う。

 

たとえば、「◯◯は美味しい。すごくうめえ!」これは具体性が有るだろうか?

ほぼ無い。

 

 國分先生が以下の本で良いことを言っている。

ファストフードは素早く食べられるのだろうか?

それは食事に含まれている情報が少ないからである。

(P84 15行目らへん)

民主主義を直感するために (犀の教室)

民主主義を直感するために (犀の教室)

 

 

マクドナルドを代表としたファストフードは単純な味付けで、

「うんまぁ、まずくはない」といった程度だろう。

しかし、銀座で食べ口にできる手の込んだ料理の数々はフクザツに入り組んだ味付けで咀嚼を繰り返せば繰り返すほどその”あじ”が出て来る。

この”あじ”はなんだ?とか、この料理ならこの酒が間に合いそうだとかいろいろ考えが出て来る。いわゆる高い料理は情報が多いし、分析できる。

 

この分析。

高い料理を食べても「うまい」しか言えないというころは、そもそも味を分析するための経験や舌が慣れていないからである。

 

仕事においても、「◯◯を成功させるためには?」という問に具体的に答えるためには、対象となるものの分析が必要。レベルが上がれば上がるほど、この分析のレベルが上がっていき知識以上に、物事の起承転結を考え抜ける経験値がものを言うはずである。

 

よく、会社は3年間辞めずに耐えろというのはこういった経験をつみ仕事を分析する力を養うためなのかもしれない。

 

さて、具体的という話に戻ると、

”まずは物事をしっかりと観察し、分析することが大切で、その情報をしっかりととらえること”とココでは結論づけよう。

 

そんなことよりこのウイスキーうまいよ。

 

 

2016年12月11日(来年度で社会人5年目!?)

来年度、2017年を迎えることで社会人5年目になる。

この”5”という数字は私の社会人人生にとって重要な数字と受け止めている。

 

■新人時代の教え

私の勤め先は、激務で有名な某会社です。

Google検索で会社名のあとにスペースをいれると”激務”って出ててきました。

(いま検索すると、インターンって出るんのか~~)

 

新人のときはともかく大変で、毎日死にそうになりながら仕事をしていました。

何をやっても評価されない、怒られる、反論しようもうち潰される。

今思えば地獄の日々です。体重は減ってもないのに頬がコケていました。

 

そのときに、インストラクター(色々教えてくれる先輩と思ってください)に言われた言葉があります。

「出来る人間は3年目で頭角を表し、5年目で回りから評価される。」

ぎゃくに、5年目には「あいつは仕事ができない」とレッテルが貼られると教えられました。

 

さて、来年で5年目

 

自分はどうかな~仕事できるようになったかなー

 

2年目、初出張、先輩にクソ迷惑かけながら仕事する。

3年目、いきないチームリーダーになる。自分の名前が銘打たれたツールがいろんなプロジェクトで使われる。そして、インドで生活。

4年目、初の部署異動。約1年間の大規模プロジェクトのサブリーダー。

 

 

ともかく来年の1月は中国出張が見えているので、

そこで着実に成果を出すことだね。

 

 

来年も死に物狂いでがんばるぞ★

2016年11月22日(カードゲームショップでの席代についての考察④)

いろいろまとめていくぞ。

以下2点、核心に迫っていく。

 

  1. 結論として席代はいくらが妥当?
  2. 我々消費者はいくら払えばよいのか?

 

1〜3.5を読んだ読者の皆様はいかにカードショップが大変か分かったはずである。

最低限、店を維持するのに1月あたり100万もかかる。さらに利益を出そうとするととんでもない金額になる。

 

■席代として妥当な金額は???

単純計算しても1月(30日とする)あたり3万円以上の金を生み出さなくてはいけない。

となるとだ、仮に30席あれば1人あたり1000円以上は払ってもらわなければ最低限の100万を達成できない。凄く単純ではあるがここらへんが最低ラインかもしれない。

 

我々消費者はいくら払えばよいのか?

よく考えて欲しい。

お金を稼ぐ・・・利益を出すということは労力が必要な作業であることを。まさか、毎日のうのうと定時になるまで過ごしているわけではないよな^^

店もサービス業である。そのサービス(場所の提供)に対して対価を払わないはどうだろうか?自分に都合が良すぎやしないかね???

本当に地元の店、贔屓にしている店があるのであれば、極力金を使おうな。

個人的には、1日遊んだら1000円〜2000円(大会費含む)ぐらい使ってもいいんじゃないか?と思う。もちろん、パックだけではなく、シングルなど店の利益を考えた大人としての行動をしよう。

 

酒飲みながらなので、一旦ここであっぷする。

2016年11月17日(カードゲームショップでの席代についての考察3.5)

様々な方面からコメントや指摘を受けたので反映させていきます。

 

以下3点を書きます。

 

  1. テナント料について
  2. こういう観点抜けてない?
  3. 大会参加費

 

■テナント料について。

25万の相場は、フリースペース(デュエルスペース)が無い店舗の相場。

今回議論の対象としている店舗はもうちょっと値が貼る。

・・・・そこで、フリースペースがある店が何坪かを調べた。

おおよそ、30〜40坪程度とわかった。そんでもって月のテナント料が50万近く!

 

【まとめ】

・フリースペース無い店(◯ッシュなど)は25万

・ある店は50万ちかく。

 

これは、フリースペース無いほうが儲かるよね。

つまりだ席があるみせほど稼がなくちゃいけないと分かる。

 

■こういう観点抜けてない?

消費税込みかどうかという観点が実は重要だった。

普段我々は消費税についてあまり考えないが実は重要であった。

以下のロジックを見て欲しい。

 

例えば、1000円(”税”込)の品物を500円で買い取りシた場合。

「買い取り半額か?死ねクソ!」

と思う人はきっとアニュアルレポートに書かれていることの鱗片も理解できないレベルである。株とかやらんほうがいいよ。

概算ではあるが、この場合約54%の買い取りになる。

ざっくりした計算は

買い取り価格/税抜き価格=原価率

500円(買取金額)/(1000円(販売金額)/1.08(税率))

となる。

は?たかだか4%だろ?とおもう者は働いたことがあるのかな?

これが確実に売れるわけではないので、店を経営し続けるために売らなければならない金額を考えるととんでもない値が出るはである。

 

 

■大会参加費について

大会を開くとその分景品(パックやカードや店で使えるポイント)が出て来る。

なので、大会の参加費は利益に計上するのではなく仕入れに計上するらしい。

 

へーしらんかった。(簿記とるか・・・)

 

 

コメントなどあれば、

私のTwitter@Ta1manをフォローしてDMやなんかでコメント下さい。

 

2016年11月17日(カードゲームショップでの席代についての考察③)

前回までは、我々(消費者)視点で書いていたが、今回は店側の立場に立って考えたいと思う。

 

【その前に1つ注意だ。】

様々なフィロソフィーを提唱している本を読んで見ると、企業というものは”利潤の追求”を目的としており、またそれが権利であることを知る事ができる。考察①で、金ではないとか言ってる頭がハッピーな人はココで読むのを辞めてくれ。私のスタンスとしては、いかなる業態であれ利潤の追求をすべきという側に立っている。

(◯刻館の事件を筆頭とした詐欺まがいな店は軒並み潰れていいと思うがね。)

 

そもそもの前提が違いすぎるのでどこか違うところに行って欲しい。

(というか、一般常識じゃね?と思う。)

 

 

それでは、はじめよう。

 

■前回の結論

前回の記事で、1日あたりの相場がなんとなく見えてきた。

席数や、客の入り具合という変数値が多く振れ幅が大きいので、一概には言えないが、1日の滞在費は1000~1500円が平均っぽい。

 

■カードショップのコストについて考える

なるほど、1日1000円~1500円を払えば良いのだな?というのは早合点すぎる。そもそも、我々が知っておかなくてはいけないのが、店のコストである。

カラオケ店などはぐぐれば(きっと)出てくるので一度スルーして、カードショップの費用について考えよう。

 

従業員2~3人、週休2日制、時給1000円とする。

その場合、

勤務日数20日×1000円×8時間(12時~21時休憩1時間)とすると、

1ヶ月の人件費=16万×従業員数

次にテナント料だが、首都圏で駅に近いとなれば、平均して25万ほど。

電気代やらなんやらの出費を加算すれば80~100万が1月にかかるコストである。

 

これは、仕入れ費用などを加味していないので、曖昧な数字だが、感覚は合ってると思う。(◯エロー・サブマリンとかチェーン店ってフランチャイズ経営とかあんのかな?)

 

【まとめ】

  • テナント料金など:25万ほど
  • 従業員の給料16万×人数 
  • 仕入れ値:月々で変動
  • なんだかんだで100万ちかくいってる。

 

■利益の手段

おおよそ以下の3点と思われる。

  1. パックの販売
  2. シングルカードの販売
  3. 大会の参加費

==1.パックの販売==

これは店の取り分がクソ低いとのこと。(とある情報筋より)

私がドはまりしているMagic The Gatheringは1パック300円なのだが、

店の利益は20円ほどにしかならないとのこと。

 

え、くっそ低い・・・

 

==2.シングルカードの販売==

これはちょっと計算しなくてはいけない。

大手ショップ◯れる屋の買取と販売の値段を比較してみると、

売値=買取×1.3倍で売っているっぽい。

つまり、シングルカードの30%が店の取り分である。

勿論、アホみたいに高いカードとか、希少度の高い薄利多売ではいかないような代物はもっと値段の付け方が違う。

加えて言及すると、カードは流行りや環境によって強弱が変わる仕組みになっている。となると、値段も変動する。なので、必ずしも30%の利益を得られるとは考えられない。

 

カードショップ経営者つらすぎだろ。ドMか?

 

==3.大会の参加費==

休日だと、平均して1000円。平日だと500円が相場。

仕入れ値やらが無いのでそのまま店の利益になる。

近くの店舗と大会内容が被らないようにする工夫が必要という労力を考慮すると少し違ってくるか。しかし、固定客を増やしていけば永続して利益を生み出すことができる。

 

【まとめ】

  • 1パックの利益は20円ほど
  • シングルカードの取り分はだいたい30%前後
  • 大会の参加費はそのまま店の利益(たぶん)

 

 

ショップ側からの視点に立つと、何も買い物しないでのうのうと1日居座られるのは悪害意外の何でもないということがわかっただろうか?

・利益を生む線が細すぎる!しかも、一定の客は常に安いところで買い物をするので、取れるパイが小さすぎるヨ!

 

 

 

次回最終回。

・結論として席代はいくらが妥当?

・我々消費者はいくら払えばよいのか?

・店が発行しているポイントは何に使えばよいのか?

これらを書いていきます。

 

2016年11月17日(カードゲームショップでの席代についての考察②)

~考察①からのつづき~

 

そもそも、カードゲームのプレイヤーってどういうったコミュニティ形成をしているのかを考えてみた。

コミュニティの発祥方法だけでかんがえるとこんな感じだと思う

 

  1. 人が集まるところに行って。(スモールコミュニティからの発祥
  2. 学校や職場の人間に誘われて。(個々人間のコミュニティからの発祥)

 

1について 

これは囲碁や将棋の形態。

基本的に、指すor打つところに行って友人や知り合いをつくる感じ。

このコミュニティの主な目的は、その場に行って目的のことをすることにつきる。

 つまり、囲碁や将棋サロン、雀荘といったところ。

この場合の 席代は1日1000円ぐらい(東京都内)。学生はその半額や800円ぐらい。 

この対局を楽しむというのは、席主というのが”手合”をつけてくれるのだ。

簡単にいうと、席主が人のレベルに合わせてマッチングをしてくれるのだ。

 

さて、カードショップはどうだろうか。

 

確かに、大会があれば、大会の参加料を払えば上にかいたような仕組みに”参加”できるが。それいがいはなにもない。

つまり、その場に行って、サービスを受ける相場は500~1000円といったところだろうか?

 

2について 

これは、カフェだったりカラオケだったりする形態。

もともと多人数のコミュニティで目的の場で、そのメンツの中で遊ぶことが目的である。

カラオケだと、フリータイムで1500~2000円+ワンドリンク制が相場かな?

 

以下引用元

[週末昼]♪渋谷料金ランキング♪カラオケ店料金比較|カラオケガイド♪|カラオケガイド♪

 

カードショップの形態は?

これが難しい話である。

というのも、1でも2でもどちらでもありえるのだ。

友人とくるのもあれば、私のように一人でいくのもいる。

 

とはいえ、どんな形態でも、カードショップにかぎらず場でのサービスを受けるのであれば、1日1000円以上払うは妥当と考えられる。

 

次はショップの視点から考えてみよう。

③に続く。