読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

労働讃歌は社畜の讃歌

元:インドなきインド人

2016年11月15日(カードゲームショップでの席代についての考察①)

げげげ、もう既に最後の記事から5ヶ月経っておる!!

その間に部署移動といくつかのプロジェクトを駆け巡ってきました。

(今年はインドでしたが、来年は中国に長期出張しそうです。)

 

さて、今日は私のTwitterからのアンケートについて書きます。

 

 

カードゲームを扱うお店では、フリースペースとしてテーブルと椅子があり、友人やその場で会った人と自由にゲームを遊ぶ事ができます。(だいたい30席ぐらい?)

また、全国展開する大手カードゲームショップは”無料”で開放しており、その規模も大きいと所では300席が開放されています。

しかしながら、大半の個人経営店では従業員が2〜3人で店を回しているのが現実です。

そこで、議論としたいのが、”フリースペース(あそぶスペース)”はいくらまでなら出せるかという話です。

 

■問題提起

フリーで遊べるということは、金を取らないということで、文字通りいつまでも居座ろうとすれば居座れます。となると、色んな人が店に来るわけですが、中にはマナーの悪い客が来るわけです。つまり、人のアクセスが増える反面、マナーの悪い客と呼べない”招かねざる客”が湧くわけです。

 

■フリースペース有料化

これが一つの対策になるのではないかと、色んな店が考えます。

秋葉原の大手ショップなどでは、買い物(300円以上)や店舗で開かれる大会(有料)に出れば無料で遊べるようになっています。

しかしながら、その金額はマチマチで平均値などや相場は決まっていません。

 

Twitterできいてみた

そこで、Twitterを使ってアンケートをとった。

11月15日、20時55分現在のところ

・一銭も払わないのが 15%

・0〜300円    24%

・300円〜500円 31%

・500円以上    30%

(投票数1400)

 

Twitterの発言を分析してみた。

◯一銭も払わない派

多い発言がお金ではなくて店との関わりかたとか言う頭が平和な人。

私の村では企業や店というのは利益を追求する権利があると学んだ。

うん、わたしとは分かり合えない人だ。これらは扱わないこととする。

 

■ちょっとまてよ?

そもそも、カードゲームでも1枚あたりの相場や、年齢層、性別、立地が違うわけで、この投票数でだけで断定するのはちょっと横暴な気がしてきたぞ。

この数字で断定するのではなくて、以下の比較と切り口で考えたいと思う。

 

①場代をカードショップと将棋や囲碁、雀荘との比較

②場代をカードショップとカラオケ店やカフェと比較

③場代を店と客の視点から考える。

 

また、①と②は何故これらを挙げたかは次で説明する。

 

続く。

 

 

2016年6月26日(引っ越しして1週間経過)

f:id:saniretasu:20160618124541j:plain

2年間住んでいたこの部屋ともお別れをしました。

ものを全部どかすと随分広いんだなぁ〜っと実感しました。

 

f:id:saniretasu:20160618124916j:plain

蒲田に引っ越しました。

2LDKはやはり広く、二人で生活するにはまぁ十分な感じ。

f:id:saniretasu:20160618145919j:plain

私は一部屋に追いやられていますw(もらっています)

2016年6月9日(ちきりん本を読んで)

ちきりんの本を読んだ。

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)

 

これ。

いままでちきりん本を色々追ってきたけど、ちきりんの本っていい意味で大企業に働いていた人間の目線だなぁ〜と改めて実感。

ちきりんのスタンスとして書かれているわけじゃないけど、どことなく

「金よりも楽しいこと、やりたいことを探してやろう!」という点。

 

はてさて、今の仕事を辞めてやりたいことを見つける→飯を食っていくというプロセスにどこまで出来る人ができるだろうか???

 

わいは無理!

 やっぱり食っていくことを考えてしまう。

 

あ、これがマーケット思考がなってないってやつですかね?

 

 

 

 

2016年6月6日(生産性を意識する・・・とは?)

ワタシも社会人4年目になりました。

昨年度は10人以上にたいして研修講師という大任をさせていただいたり、

チームのリーダーとして働かせて頂きました。

 

今年、新人一人のインストラクターとして就くことになりました。

まぁ、1年間成長を適当にみていく役目です。

 

さて、”適当”といっても流石に何かなりの指針を立てて

指導していかなきゃいけません。

ワタシの立てた指針はこんなかんじ。

  • 生産性を意識する
  • 成長の角度をもつ
  • とりあえず自分で行動して自分で考える

この3つって大人になっても難しいと思います。

そもそも1つめの生産性って何?と思う人もいるとおもうし、成長の角度も曖昧です。

 

とりあえず、自分で考えたことを書いてみます。

 

結論から言うと、

生産性=アウトプット/インプット

です。

 

1をインプットとしたらしっかりと1をアウトプットとすることが

最低限求められます。

つまり、生産性が悪い=生産性が1以下のことを指します。

むしろ生産性が良いとは、1以上のことを指し、1つのインプットでいくつもの

ことを生み出すことを指します。

 

まずはこの意識を社会人になって意識して欲しいと思うし、

それが出来ない人はイケてない大人だと思います。

 

・・・とはいえ難しい。

 

個人的にこういうことを意識しています。

求められているゴール(最終的な”生産性”として求められている数値)を考える。

そこまでに足りないモノの仮説を立てる。そしたらアクションに落として実行。

 

例えれば料理。

「家でつくれるカレーを作れ!」と言われ、素材も用意されていたとしたら?

他と差をつけるには隠し味だったり炒め方の工夫をしたりしますよね?

つまるところ、仕事もそんな感じです。

最終的なアウトプットを考え動けばいいんです。

そこまでの道のりが難しくなればなるほど給料があがると思っています。

 

 

駄文終わり。

2016年6月1日(引越し準備=その2=)

■6月3日

f:id:saniretasu:20160603192232j:plain

早く帰れたので二人で飲みに。

所謂”花金”ってやつです。金曜に早く帰るというレアなイベントでした。

f:id:saniretasu:20160603195849j:plain

白アスパラのオーブン焼きも美味かったです。

トリフ久々に口にしたけど、香りが良いね。

味はしいたけです。(貧乏舌)

 

tabelog.com

 

■本整理

f:id:saniretasu:20160604100524j:plain

本の整理終了。これらはブックオフの出張買取に持って行ってもらいました。

技術系・経済・金融・コンサル・・・etc 

会社に入ってから購入した本が9割。4年もたつと必要な本といらない本の傾向がわかってきますね。グッバイ、マイブック!!!

 

引っ越し後、伽藍堂になった本棚になにを入れようかしら。

 

2016年6月1日(引越し準備=その1=)

f:id:saniretasu:20160529101224j:plain

本の整理中。まずは文庫。

まだハードカバーがあるので廊下がますます圧迫されていく。。。

ブックオフの出張買い取り(今週日曜)までに全部やらんと・・・

2016年5月23日(引っ越します)

同棲をはじめるにあたり、引っ越しします。

今住んでいるところが1Kと2人には狭く、また、彼女の勤務地と遠いため二人の勤務地の中間地点に引っ越しです。

 

f:id:saniretasu:20160522141632j:plain

間取りは2LDK。ベッドルーム・ダイニングキッチン・遊戯部屋

写真は遊戯部屋予定の部屋。